mozdev.org

Translations: cz | de | en | es | fr | ja | pl

Linux (x86) 用Mozillaのプラグインサポート状況

ルート権限なしのプラグインインストールは、Mozillaのplugins、componentsディレクトリにではなく、~/.mozilla/plugins にしてください。最初にディレクトリを作成する必要があります。Mozilla Firefoxでも同様に ~/.mozilla/plugins になります。

いくつかのプラグインでは、MozillaをコンパイルしたGCCのバージョンを知っておく必要があります。about:buildconfigから、MozillaをコンパイルしたGCCのバージョン番号を調べることが出来ます。

メモ:"未確認"と書かれているプラグインは、単にこの文書の原著者が試していないということを意味します。多分動作するでしょうが、様々な理由で試していないだけです。このことで彼を悩ませないで下さい!

Adobe Acrobat Reader

バージョン:5.0.10
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. Acrobat Readerをインストール。
  2. nppdf.soをMozillaのプラグインディレクトリにコピー。
  3. acroreadにパスを通す。
重要!セキュリティ上の問題があるので、5.0.10にアップグレードすべきです。
ダウンロード:Acrobat Reader 5.0.10

Adobe SVG Viewer

バージョン:3.01 Beta (Build 88)
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. Adobe AVG Viewerを利用するすべてのアプリケーションを終了します。
  2. ルート権限でインストールパッケージ中のすべてのファイルを展開し、スクリプトadobesvg-3.01/install.shを実行します。Adobeは、これらファイルを /usr/local に展開することを推奨していますが、他の場所でも動作するでしょう。
  3. libNPSVG3.soのシンボリックリンクをMozillaのpluginsディレクトリに作成します。
重要!これ以前のAdobe SVG Viewerは完全にサポート対象外です。また、インストール前にREADMEファイルの "Known Issues" (既知の問題点) 節に目を通してください。
重要!環境変数 LC_NUMERIC が en_EN という値で無い場合には、このプラグインが正常に動作しないと言う問題が報告されています。
ダウンロード:SVG Viewer 3.01 Beta

Cult3D

バージョン:5.2 Beta 1
Netscape 7.1: 非対応
Mozilla 1.4: 非対応
Firefox 0.8: 非対応
このプラグインはMozilla 1.xでは使えません。
ダウンロード:Cult3Dダウンロード

DjVuLibre

バージョン:3.5.13
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. DjVuLibreをインストールします。
  2. nsdejavu.soをMozillaのpluginsディレクトリにコピーするか、シンボリックリンクを作成してください。
ホームページ:DjVuLibre

gxine

バージョン:0.33
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. gxineをビルド、インストールします。
  2. 次の3ファイルのシンボリックリンクを、Mozillaのプラグインディレクトリに作成します。gxineplugin.a gxineplugin.la gxineplugin.so
ホームページ:xineホーム

Helix Player

バージョン:MS1以降
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. Helix Playerをインストールします。
  2. nphelix.soをMozillaのpluginsディレクトリに、nphelix.xptを同componentsディレクトリにコピーします。
ホームページ:Helix Player

Java Runtime Environment

バージョン:1.4.2_05以降
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. Java Runtime Environmentをインストールします。
  2. libjavaplugin_oji.soのシンボリックリンクをMozillaのpluginsディレクトリ内に作成します。古いMozillaを利用していたり、自身でGcc 2.9xを利用してビルドしていない場合は、JRE 5.0のplugin/i386/ns7ディレクトリ、もしくはJRE 1.4.2の場合plugin/i386/ns610-gcc32ディレクトリ内のものを利用します。
重要! プラグインをpluginsディレクトリにコピーはしないでください。もしコピーしたなら、Javaアプレットを含んだページを閲覧しようとするとMozillaがクラッシュします。
メモ: Java Runtime Environment 5.0 (1.5.0) がリリースされています。このバージョンでは、Javaの多くの問題が修正されています。アップグレードすべきです。
メモ: ここで述べた方法はSunのJREのものです。IBMやBlackdownプロジェクトなど、それ以外のJREも、Mozillaで使用出来るでしょう。

Macromedia Flash Player

バージョン:7.0r25
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. Flash Player 7.0をダウンロードします。
  2. 展開して、libflashplayer.soをMozillaのpluginsディレクトリに、flashplayer.xptを同componentsディレクトリにコピーして下さい。
メモ:バージョン6.0r81以降ではlibstdc++-libc6.2-2.so.3は不要になりました。

mozplayerxp

バージョン:
Netscape 7.1: 非対応
Mozilla 1.4: GTK2ビルドのみ
Firefox 0.8: GTK2ビルドのみ
  1. libmozplayerxp.somozplayerxp.xptをMozillaのpluginsディレクトリに展開して下さい。

メモ:mplayerが /usr/local/bin/mplayer 以外の場所にあるときは、そこに次のようなスクリプトを作る必要があります (mplayerのパスは適切に書き換えてください)。

#!/bin/sh
/home/michael/scratch/mplayer-cvs/mplayer -ao esd $*
ホームページ:mozplayerxpホーム

MozPlugger

バージョン:1.4.2
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. ソースを展開します。
  2. ソースディレクトリで、"make linux" を実行して下さい。
アプリケーション側にインストールするには、mozplugger.soをMozillaのpluginsディレクトリに、mozpluggerrc/etcに、mozplugger-helpermozplugger-controller/usr/binに、それぞれコピーします。
プロファイルにインストールするには、mozplugger.so~/.mozilla/pluginsに、mozpluggerrcmozplugger-helpermozplugger-controller~/.mozillaに、それぞれコピーします。
ホームページ:MozPluggerホーム

mplayerplug-in

バージョン:2.60
Netscape 7.1: 未確認
Mozilla 1.4: 未確認
Firefox 0.8: 未確認
  1. ソースを展開します。
  2. makeを実行して下さい。
  3. mplayerplug-in.soをMozillaのpluginsディレクトリにコピーして下さい。
ホームページ:mplayerplug-inホーム

Plugger

バージョン:5.0
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. ソースを展開します。
  2. ソースディレクトリで "make linux" を実行して下さい。
  3. ルート権限があれば "make install"をルート権限で実行して下さい。それ以外の場合は "make localinstall" を実行して下さい。
重要!Plugger 4.0は埋め込みMIDIファイルがあるページでクラッシュします。Bug 74080を参照してください。
ホームページ:Pluggerホーム

RealPlayer 10

バージョン:10.0.0.297
Netscape 7.1: 対応
Mozilla 1.4: 対応
Firefox 0.8: 対応
  1. RealPlayer 10をインストールします。
  2. nphelix.soをMozillaのpluginsディレクトリに、nphelix.xptを同componentsディレクトリにコピーします。
  3. realplayスクリプトにパスを通します。
メモ:RealPlayer 10のRPMパッケージをインストールした場合、これらのファイルは/usr/local/RealPlayer/mozillaにあります。

重要!RealPlayer 10をインストールしても、RealPlayer 8がインストールされていたとしてもそれはアンインストールされません。両者がインストールされているシステムでは、MozillaのpluginsディレクトリからRealPlayer 8のブラウザプラグイン (rpnp.so) を削除してください。そうしなければRealPlayerを用いる上で問題に出会うでしょう。
ダウンロード:RealPlayer 10

RealPlayer 8

バージョン:8.0
Netscape 7.1: 非対応
Mozilla 1.4: GCC 2.9xビルドのみ
Firefox 0.8: GCC 2.9xビルドのみ
  1. RealPlayer 8をインストールします。
  2. rpnp.soをMozillaのpluginsディレクトリにコピーして下さい。 RealPlayer 8.0のRPMパッケージでインストールしたなら、このファイルは/usr/lib/RealPlayer8/にあります。
重要!RealPlayerプラグインはGCC 3.xでコンパイルされたMozillaでは動作しません。代わりにRealPlayer 10を利用してください。利用できない場合は、Bug 213234に非推奨の回避策が掲載されています。
ダウンロード:RealPlayer 8

Crossover Office - Windows用ブラウザのプラグインをLinuxで

Crossover Office 3.0を使えば、Windowsのブラウザ用プラグインをWineを利用してLinux OSで実行することが出来るようになります。

Macromedia Shockwave、Windows Media Player、QuickTimeなどが利用可能です。詳細については対応プラグイン一覧を参照してください。

Crossover Office 3.0は商用ソフトウェアです。Standard Editionのダウンロード版が$39.95 (USドル)、Professional EditionのCD版が$84.95 (同じくUSドル) になります。デモ版もあります。Mozilla 1.xに完全対応しています。

Crossover Office Standardドキュメントもご覧下さい。Crossover Officeの購入はCodeweavers Storeから出来ます。

メモ:このソフトの前バージョンでは、この機能はCrossover Pluginとして提供されていましたが、今は別製品ではなくなっています。この文書の原著者はCrossover Office/Crossover Plugin 2.1.0のライセンス版を持っていますが、まだ3.0版を購入していないことで自分を責めています。